自分で作る年金?使わないと損!個人型確定拠出年金

Posted on

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは?

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは、自分で作る年金制度のことです。この制度への加入は任意で、掛金を自分自身で運用しながら積み立てて原則60歳以降に受け取るしくみです。また、掛金、運用益、そして給付を受け取る時には、税制上の優遇措置を受けることができます。

確定個人年金との違いは?

確定個人年金と個人型確定拠出年金の加入する目的は、半強制か、任意で加入するかの違いはありますが、「老後資金の準備」ということは同じです。どちらも公的年金制度の上乗せの部分に当たります。確定個人年金は「貰える年金額が確定している分、安心感がある」のに対して、個人型確定拠出年金は「年金額を増やせる可能性があるが、保証はなく、運用が不調であれば年金額は減る」という違いがあります。

個人型確定拠出年金には節税効果がある?

個人型確定拠出年金は税制優遇メリットが3つあります。まず1つ目は、積立金額すべて「所得控除」の対象で、所得税・住民税が節税できます。 2つ目は、運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が「非課税」になります。3つ目は、受け取るとき「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象となることです。個人型確定拠出年金は、「大いなる節税」が最大の魅力です。

豊かな老後を送るための老後資金として!

豊かな老後生活を送るためには、まず自分自身の公的年金の状況を確認し、老後資金を把握しておくことが大事です。そして、老後破産を防ぐためにも、働けるうちに自分で老後資金を作る必要があります。老後資金作りに個人型確定拠出年金は最適な制度であることは間違いありません。個人型確定拠出年金は効率的な資金準備ができ、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法のひとつとして活用できます。

個人型確定拠出年金は、国民年金・厚生年金などの公的年金に将来上乗せして給付される事を目的として個人で運用するタイプの年金です。通称「iDeCo(イデコ)」と呼ばれています。