ファクタリングとは?事業資金を調達する方法!

Posted on

売掛債権を譲渡する仕組み

ファクタリングとは、売掛債権を取引先企業から入金のある前に譲渡を行い、資金を調達する方法のことです。売掛債権とは商品やサービスを提供すると料金が発生しますが、このお金を請求できる権利を言います。

一般的に日本では、顧客は後から代金を支払うシステムになっています。契約を結び商品の納品またはサービスの提供後に、その後購入金額の入金するという形です。

この入金があるまでの期間に売掛債権が発生します。売掛債権を受け取るまでの間、資金力が豊富な企業でないと資金繰りに苦しむ可能性もあります。

このためにあるのが、ファクタリングです。ファクタリングでは、企業が取引先に商品やサービスの提供した発生した売掛債権をファクタリング会社に譲渡できます。

ファクタリングの特徴

取引先企業からの入金は、末日締めの翌月払い、翌々月払というのが一般的です。ファクタリングで売掛債権を譲渡すると、1、2ヶ月後の入金まで待たなければいけないところがすぐに現金へと替えられます。ファクタリングのサービスを提供している会社はさまざまですが、早いところなら即日のうちに現金化できます。ただし、フォクタリングを利用するには売掛債権の10%~30%程度の手数料が必要です。

しかし、金融機関からの融資やビジネスローンと比較すると、審査基準が厳しくないのがファクタアリングの大きな特徴です。

金融機関からの融資やビジネスローンは返済能力を審査されるため、審査に通らないこともあります。しかし、ファクタリングで審査されるのは取引先企業の信用力になります。このため大手企業や中堅企業に対しての売掛債権なら、企業の信用力が低い場合もファクタリングは利用できます。

ファクタリングとは、クライアントの入金前に、納入企業が売掛債権を譲渡して、納入企業が資金化する資金調達方法の事です。