何に注目をして選べば良い?心理学を学べる大学

Posted on

心理学は何を勉強をするの?

心理学とは、特定の現象に対し、人の心や身体がどんな反応をするか科学的に解き明かしていく学問です。カウンセラーを目指す人が学ぶ学問という印象を持つ人もいますが、心理学を学び身につけた知識はスポーツの世界や福祉業界、犯罪抑制など様々な分野で活用をすることができます。勿論、仕事だけでなく日常生活や対人関係をスムーズにしたい時にも活用可能です。

大学を選ぶ時のポイント

心理学を学ぶために大学進学を考えているのであれば、まず学べる分野について確認しておくことが大切です。カウンセラーになりたいのであれば精神障害や心身症などの悩みを抱える人の回復の手助け、予防などができる臨床心理学に強い大学を選んでおくと良いでしょう。警察官などを目指したい場合は犯罪心理学、学生の相談にのるスクールカウンセラーになりたいのであれば児童心理学など、将来の夢や学びたい内容を考えた上で進学先や専攻を決めることで、充実した大学生活を送れるようになるでしょう。

心理学科以外でも学べる心理学

心理学科を選ばなければ、心理学を学べないかといえばそうではありません。例えば、教職課程を選んだ場合は教育心理学や発達心理学などの履修が必要となります。それ以外にも心理学科を専攻していなくても、心理学に関する授業を履修できる大学というのは少なくありません。本格的に心理学を学ぶのではなく、その世界に触れる機会が欲しいという場合は、履修可能な科目の中に学びたい心理学がある大学を選んでみるというのも良いでしょう。

心理学の大学では、心理学を中心として社会学や福祉などいろいろな人文・社会系の学問も学べます。そして、このような分野に関するいろいろな資格も取得できる可能性があります。