受験対策をするのに大手塾と個人塾はどちらが良いか?

Posted on

大手塾のメリットとは?

中学受験や高校受験をする際に子供を塾に通わせることが多いですが、その際に大手塾と個人塾のどちらにするかは悩ましい問題です。というのも、いずれもメリットがあるため、自分の子供にとってどちらが合っているかは一概には断言できないからです。まず、大手塾のメリットは、なんといっても豊富な情報を有しているという点です。また、経験豊富な講師を多数揃えているため、塾が用意しているカリキュラムに子供がついていけるのであれば、効果的に受験対策を行うことができるでしょう。さらに、塾生がが多いというのも、大手塾のメリットです。全国各地にいるライバルたちと切磋琢磨できるため、負けん気が強い子供であれば、積極的に勉強するモチベーションがわいてきやすい環境であると言えるでしょう。

個人塾のメリットとは?

以上で見てきたように大手塾には数々のメリットがありますが、個人塾もメリットの数では負けていません。例えば、個人塾の場合は、生徒と講師の距離が近いため、塾によってはほとんどマンツーマンに近い形で講師に指導してもらうことができます。また、講師が子供の特徴をより詳細に把握しやすいため、理解できていない分野があれば、その都度的確にフォローしてもらえるというのもメリットといえるでしょう。さらに、大手と比べると授業料が安いところが多いので、なるべくコストをかけずに受験対策を行いたいのであれば、ぜひ個人塾を検討してみると良いでしょう。なお、個人塾に通わせる場合には、必ず体験授業に行って子供に合うかどうかを確認することが重要です。

苦手とする教科の点数を上げたいときには、集団塾よりも個別指導のほうが質問もしやすく、苦手な単元を中心に学べます。