事業資金の調達先は会社の運命を大きく左右する

Posted on

会社の成長段階に合わせて金融機関を選択する

独立開業するにあたって、事業資金の調達は大きな課題です。自分の手持ち資金で賄うことができれば御の字ですが、大抵の場合、金融機関からお金を借りることになります。金融機関からお金を借りるには、審査を受けなければなりませんが、実は、金融機関の規模によって審査の厳しさに差があることをご存知ですか?

大まかに言うと、信用金庫、地銀、都市銀行、メガバンクの順に審査が厳しくなっていきます。もちろん、審査が厳しい方が大きな金額を融資してもらえるのですが、事業開始前の先行きが不透明な段階で、いきなりメガバンクからお金を借りようとしても、余程のコネが無い限りハードルが高すぎて、お金を貸してもらえません。その為、事業を起こす段階では信用金庫から調達し、支店を出すなど事業規模が拡大し、必要な事業資金が大きくなるにつれて、地銀や都市銀に乗り換えていくのがセオリーです。

金融機関を乗り換える意味

創業時にお世話になった金融機関に対し、会社が大きくなったからと言って調達先を乗り換える事に、心理的な抵抗を感じる人もいるかもしれません。そもそも金融機関を乗り換えるのは、手続きが面倒くさいと考える人もいると思います。

しかし、メインバンクの社格は会社の信用力と直結すると聞いたらどう思いますか?そこそこの規模の会社は取引開始にあたって、信用調査を行います。その調査項目の中に資金調達先の情報も含まれているのです。前述の通り、金融機関の規模が大きくなればそれだけ審査が厳しく、その審査に通ったという事はそれだけで、一定の信用力があるとみなされます。つまり、事業規模に応じて金融機関を乗り換えることは、新しい顧客との取引開始するチャンスにもなるのです。

事業資金を自己資金で賄えなくなってしまうと、収入が支出を上回っていたとしても倒産することがあります。これを黒字倒産と呼びます。