法人口座は簡単に作れる?必要なものを準備しよう!

Posted on

法人口座を作るのに必要なもの

法人口座を開設したいと思ったら、銀行を選んで必要なものを揃えて窓口に行き、手続きをしたいと伝えれば申し込み用の書類を渡されます。その書類と一緒に必要なものを渡すと審査を受けることが可能です。法人口座の開設をするときには個人が口座を作るのと違って厳しい審査があります。その際に参考になる資料を一式提出することが求められるのが通例です。必要書類として申し込みの時点で求められるのは履歴事項全部証明書、会社の定款、会社印です。また、代表者の印鑑証明書と身分証明書、実印が必要になります。あくまでこれらは一般的に必要とされているものなので、他にも書類の提出を求められることもあります。

場合によっては提出するもの

法人口座の開設のときに他に求められる資料としては典型的なのが事業計画書です。銀行で融資を受けるときには重要な審査書類になりますが、法人口座の開設の場合には参考資料として見られる程度なのが一般的です。真っ当な事業を進めようとしている企業なのかどうかを見る程度で、事業利益が得られそうな計画になっているかまで吟味されることはあまりありません。また、会社のパンフレットはホームページのプリントアウトなどの提出を求められることもあります。やはりどのような会社なのかがわかる資料が欲しいというのが本音です。口座開設の申し込みをする時点では特に不要だった場合にも、審査の途中で書類を提出して欲しいと連絡が入る場合もあるので注意しましょう。

かつては法人口座を開設する際には連絡手段が現在ほど発展していなかったため、固定電話番号が求められました。しかし、現在は固定電話番号がなくても携帯電話番号があれば大丈夫な場合が多いです。