運転資金の獲得には融資は難しい!どうやって事業資金を調達する?

Posted on

運転資金は融資してもらうのが困難

銀行融資による事業資金の調達は経営者がまず検討する方法の一つとしてよく知られています。大きな融資を受けて事業の展開をしやすいのは魅力ですが、運転資金に困っているときには銀行融資はあまり魅力がありません。審査を申し込んでみても断られてしまう場合が多いからです。運転資金は企業が常に持っていなければならない手持ちの現金資金に相当するので、融資をしても返済できる可能性が低いと判断されます。運転資金が補充されることで事業の様相が一変するような要素がない限りは、銀行としては融資するのが難しいと考えざるを得ないのです。自転車操業のように借り入れをしてしまうリスクを下げるためにも断るのが一般的になっています。

運転資金の調達に有効な方法

運転資金を調達する際に有効な方法は三つあります。一つ目は公的融資を利用する方法で、特に創業から二年以内であれば比較的容易に運転資金の融資を受けることが可能です。金利が低くて長期的な借り入れをしやすい点で優れている選択肢でしょう。二つ目はビジネスカードを利用する方法で、キャッシング枠を使って運転資金に使える場合があります。ビジネスカードによる支払いを使って資金繰りを改善することもできるでしょう。三つ目は売掛債権を売却して資金回収を早くする方法です。ファクタリング会社に相談すると売掛債権の内容によっては高い買取率で取引をしてくれます。必要な運転資金の金額によってどれがベストかは異なりますが、必要に応じて併用して上手に調達しましょう。

事業資金を名古屋で準備するためには、住んでいる地域で利用できる補助金や助成金について調べておくことが大切です。