事業資金はファクタリングで獲得せよ!中小企業に欠かせない方法とは?

Posted on

中小企業における融資の悩み

大企業では銀行から融資を受けて事業資金を調達するのが比較的簡単ですが、中小企業にとっては必ずしも容易ではありません。資金調達の方法として銀行融資は最もよく選ばれていると考えられています。しかし、実際には起業するタイミングや大企業が事業拡大をするときに融資を受けることはできても、決済の資金が不足しているようなときには融資でまかなえることはほとんどありません。中小企業では経営難に陥っているケースが増えてきている状況があり、取引先への支払いや従業員への賃金の支給が困難になっていることもあります。この際に銀行融資で対応することができないため、中小企業では事業資金の獲得が大きな悩みになっています。

ファクタリングが救済策

ファクタリングは中小企業にとって救済策となる可能性がある事業資金の調達方法です。ファクタリングとは売掛債権の買い取りサービスのことを指します。業務委託や商品の納品などによって手に入れた売掛債権を買い取ってもらうことにより、早期に現金にすることができるのがファクタリングの特徴です。買い取ってもらう際には債権を譲渡して、ファクタリング会社が債券を持つ形になります。そのため、ファクタリング会社としては売掛先の企業が優良であれば問題はなく、申し込んだ企業が経営難に陥っていても対応してもらえるのが魅力です。中小企業でも当然ながら申し込みを受け付けてもらえるので、いざというときの事業資金の調達に活用してみましょう。

事業資金を大阪エリアで探すときに、民間の団体が実施している融資の他、自治体が実施している融資制度を利用することも可能です。