これからの時代に求められる社労士の役割とは?

Posted on

社労士の役割は届出書等の作成、提出だけでは不充分?

社労士は一般に事業主に代わって、労働保険や社会保険に関する届出書等を作成したり、その届出書類等を行政官庁などに提出したりすることで知られています。小さな会社では事業主が行なうところを、顧問契約などを締結した社労士が、事業主の負担を減らすために業務を行なうわけです。それによって事業主は時間的に余裕ができるので、事業の経営に専念できるということになります。それは確かに事業主の役に立っているでしょうが、それだけで充分でしょうか。昨今、国は働き方改革を掲げており、コロナ禍によって働き方も変わってきています。社労士は、経営に必要な「ヒト」に関する専門家ですから、これからはそれにプラスアルファが必要になってくるのではないでしょうか。

労務コンサルタントとしての社労士が必要とされる?

社労士の業務には、前項で挙げたもの以外に、労務管理等および労働保険、社会保険に関する事項についての相談、指導ということがあります。労務管理の本来の目的は、従業員が最大の能力を発揮して成果を上げることです。その観点からすると、例えば就業規則の作成にしても行政機関に提出しないといけないのですると言うのではなく、従業員がいかに仕事がしやすく、かつ成果が上がるような就業規則を作成する必要があります。

そのためには事業主とだけコミュニケーションをとるのではなく、従業員の人達ともマメにコミュニケーションを取って、事業主の代りに彼らの想いや意見を聴き取ることが重要でしょう。要するに事業主と従業員のパイプラインになるわけです。当然すでに行っている社労士もいるでしょう。しかし、これからの時代は労務コンサルタントとしての社労士が、より一層必要になってくるのではないでしょうか。

労働・雇用のプロである渋谷の社労士に業務を依頼する場合、独占業務とされる就業規則の作成やハローワークへの提出書類の作成代行などを頼むことになり、費用は発生するものの、迅速に業務進めることができます。